脱毛サロン 効果

脱毛サロンの効果とは?科学的な裏づけがあるから安心!

脱毛サロンで採用されている脱毛方法は光脱毛と呼ばれるもので、
ヘッドから照射される光がムダ毛の黒い色素に反応して熱を加え、
そのダメージによって毛根から抜け落ちるようになっています。
この仕組みはクリニックが行う医療レーザーも同じですが、
効果に関しては医療機関が行うものの方が高いと言えます。

 

医療機関が行うのは脱毛だけでなく、
毛根から伝わる熱を毛母細胞や毛包細胞にまで伝達させ、
細胞を破壊することで二度とムダ毛が生えてこないようにするものです。
再生率はかなり低く、その性質から永久脱毛と呼ばれるのですが、
脱毛サロンではこの限りではありません。
そのため、クリニックに比べて脱毛サロンの施術は効果が薄いと言われていますが、
実は全く効果がないというわけではないのです。

 

たしかにクリニックほど再生率を抑えることはできませんが、
毛根を焼いた結果の再生率は大幅に下がり、
毛抜きなどで行うよりも細胞が衰えるようになります。

 

1回や2回行った程度では実感できるほどではありませんが、
回数を重ねるだけ毛根は弱まっていき、
ムダ毛の生えるスピード、毛の濃さや太さなどが低下していきます。

 

完全に再生を抑えるということは不可能ですが、
ムダ毛の生えて来る速度はかなり抑えられ、
5〜6回もすれば真っ黒で太く伸びていた脇毛などが、産毛程度まで抑えられ、
自己処理でも目立たないほど脱毛効果を実感できるようになります。
また、個人差もありますが、さらに施術を繰り返し10〜12回も行えば
自己処理が不要なレベルにまで到達し、
ツルツルの肌を手にすることも可能となっています。

 

カミソリや毛抜きでの自己処理では、
毛根は再びムダ毛を伸ばすので意味はありませんが、
光脱毛は毛周期に合わせて施術を行うことで、
毛根周囲の細胞に影響を与えてムダ毛が生える意味を無くすようになっているのです。
毛が抜ければ抜けるほど細胞は退化し、毛が生えるのを抑えることができるので、
諦めずに繰り返すことで脱毛の効果が期待できるようになっています。