キレイモ 生理

キレイモなら生理でも脱毛してくれる!だから月額制でも安心

生理中は肌がデリケートになるので、施術によるトラブルを防ぐために、
キレイモでは予約をずらすように勧めています。

 

しかしホルモンバランスが乱れている人は、
いつ生理が始まるかを予測することが難しく、
施術日と重なってしまうことも多いです。
そのようなケースの場合、お尻とVIO脱毛以外の場所を脱毛します。

 

回数バックプランを契約していると、
当日の予約変更やキャンセルは1回分を消化してしまうので、
施術を受ける場所がお尻やVIOの時はできるだけ早めに予約を変更しなければなりません。
前日の23時59分前に会員サイトから予約変更の手続きを行います。
電話からも手続き可能ですが、21時までしか受け付けていないので、
夜遅くに生理が始まった時はスマートフォンやパソコンで手続きします。

 

キレイモで月額制プランを契約している人は、
施術部位を下半身から上半身に変えてもらうのが一番です。
月額制プランでは予約を変更するだけで1回分を消化してしまうので、
お尻やVIOと関係のない上半身の脱毛を受けます。
下半身を受けても脚の脱毛をすることはできます。
ただしお尻とVIOも同じように施術したと見なされるので、
他の場所より効果が出にくくなるので、下半身は生理周期に合わせます。

 

脱毛では特定の薬を服用していると、
肌が過敏に反応して肌がトラブルを起こすことがあります。
そこでキレイモでは施術3日前後は鎮痛剤を飲まないように注意しているため、
いつも鎮痛剤を飲まないと日中を過ごせない人は
無理をしないで予約をキャンセルし1回分を消化します。
薬を服用していることを言わなければバレませんが、
薬が原因でトラブルが起こってもキレイモ側は治療費などを払わないので
お客にとっては損しかありません。

 

上半身の施術は自分の生理ショーツを穿いたままです。
経血モレはベッドを汚す可能性があるため、
エチケットとしてナプキンとタンポンを一緒に使い、
担当者には生理であることを伝えておきます。

 

キレイモの予約|モデル業界口コミ人気No.1の脱毛予約ならココ!